【集中力がない人必見】集中力を高めるためのたった”1つの法則”

マインド

あなたの脳の機能を

最大に生かす

”集中力の高め方”

知りたくないですか?

 

 

こんにちは、はたけです!

 

 

集中力続かないんだよなぁ…

効率悪くなってる…

 

 

こんな悩みを解決します!

 

仕事でも勉強でもスポーツでも
集中力をもってやればいい結果を生む。

 

しかし、そう簡単に
集中力って続かないですよね笑

 

今回は、そんな集中力を持続させて
作業効率を上げる方法を解説します。

 

集中力を保って効率よく
作業する方法を知らないと、

 

全然作業が終わらずに
いつまでも同じことをやり、

 

徹夜で課題や残業することにも
つながります。

 

そうなれば疲れが溜まっていき、
さらに作業効率が悪くなる悪循環に…

 

自分の時間を削りまくって
作業をするので、

 

自分の時間どころか、
家族や恋人、友人と過ごす時間は無くなり

 

気持ちの余裕も無くなって
周りの大切な人とどんどん疎遠に…

 

低い作業効率で作業するので
いつまでも結果が出ず、

 

毎日毎日、時間と体と心を
すり減らしながら生きることに、

 

そんな生活を続けていたら
うつ病にもなってしまいますし、

 

精神を病みすぎて、
病気になり死んでしまうかもしれません。

 

しかし、教える方法を
活用できれば、

 

今まで集中が続かなくて効率が悪かった
仕事や勉強がはかどるようになり、

 

高い集中力の中でやるので早く終わり、
好きなことに時間を使えるように!

 

好きな映画を見たり、
外にランニングだって行けます。

 

その時間を読書や資格の勉強などの
自己投資、スキルアップに充てれば、

 

人としてのレベルが上がり
さらに効率よく作業を進めることもできます。

 

自分の集中力を理解して
効率のいい作業を続けていけば、

 

学校ではいい成績を取れ、
仕事ではいい成果を上げ、

 

ビジネスでも
成功することができます!

 

そうなればさらに好きなことに
時間を使えるので

 

家族と日本全国の
温泉街を回ったり、

 

世界の素晴らしい世界遺産の
建築物を見に行ったり

 

幸せで充実した
人生を送ることができます!

 

「そんな生活に興味ないよ」という人は
今すぐこのブログを閉じてください。

 

そんな生活がしたくて、
やる気のある人だけ読み進めてください!

 

 

それでは本題に入ります。

 

 

【15・45・90の法則】

 

知られざるその方法とは、
【15・45・95の法則】
です。

 

人には集中できる時間が
決まっていたのです。

 

以下で詳しく解説していきます。

 

 

集中力を持続させるのは難しい

 

「ドーハの悲劇」ってご存じでしょうか?

1993年のサッカー、日本の
ワールドカップ初出場をかけた試合。

 

勝てばワールドカップで、
一点リードで迎えたロスタイム。

 

そのロスタイム20秒でゴールを決められ
ワールドカップを逃した悲劇です。

 

メンタルトレーニングを積んできた
集中力を続けることは
プロの選手でも難しいので、

 

ぼくら一般人ならなおさらです。

 

では、集中力は何分
持続させることができるのか。

 

 

【15分】

 

同時通訳者やレーダーの監視員などの
かなりの集中が必要な仕事。

 

これらの作業の
集中力の持続時間は「15分」です。

 

「かなり深い集中が続けられるのは15分」
だけという事です。

 

 

【45分】

 

学校の授業の時間や、
ドラマ1話などの時間は約45分です。

 

これは、「集中力は45分しか続かない」
からなのです。

 

これ以上の時間続けても
効率が悪くなるだけなので

 

パソコン仕事などするときは
40~50分ごとに1回休憩をはさむと

集中力を持続させることができます。

 

 

【90分】

 

大学の講義やサッカー1試合は
90分が多いです。

 

これは、「大人がなんとか集中できる限界」
が90分なのです。

 

もちろん90分を45,45に分けて
間に休憩を入れると集中しやすくなります。

 

 

リズムに逆らうな!

 

人間の体は90分毎に覚醒を
繰り返しているらしく、

 

90分間高い集中が続き、
20分間眠気の強い時間が来ます。

 

なので、ずっと集中し続けるのは
不可能なのです。

 

大切なのはリズムを考えて、
集中した後は必ず休憩をとること。

 

リズムというのは「作業内容」から
休憩時間を考えるのがいいです。

 

例えば、たくさんの書類を使う
”事務仕事”ならば

 

15分や30分毎に
休憩をとる。

 

15分毎に休憩を取っていたら
仕事にならない”ブログの執筆”などは

 

45分や90分毎に休憩をとる。
のように作業内容で変えるといいでしょう。

 

また、人それぞれによっても
集中できる時間は違うので、

 

90分を”80分”や”100分”にしてみたり
自分に最適な時間を見つけましょう!

 

もしも、自分のやる作業は
何分毎に休憩を取ればいいのか

 

どのくらいの時間が一番効率がいいのか
分からない人は、

 

ぼくの公式LINEに「時間の使い方」
と送っていただければ個別に対応しますので

 

どんどんぼくを使っていってください!

↓     ↓     ↓

友だち追加

 

ぼくの一日のスケジュールも
送ることができますし、

 

スケジュールを考えるお手伝いもするので
気軽にメッセージください(^^)

 

まとめ

 

今回は集中力を継続するための
【15・45・90の法則】についてお話ししました。

 

勉強でも仕事でもビジネスでも
作業効率を上げるには

 

「集中すること」が不可欠です。

 

うまく集中して
時間を有効に使うことができれば、

 

余分に空いた時間で
また新しい事にチャレンジできますし、

 

恋人と海辺まで
ドライブに行くことだってできます。

 

家族との時間も取れるので
親孝行なんかもできてしまいます。

 

どれだけ集中できるかで作業、人生までも
変わると言っても過言ではないので

 

この法則をうまく活用して
いい生活を送れるように頑張りましょう!

 

 

今回も最後まで読んでいただきまして
ありがとうございました!

 

 

P.S.

スキルもない、知識もないただの大学生のぼくが
自分で稼ぐ力を身につけ
夢を実現するために奮闘中!

はたけ公式LINE@を始めました!

知識、経験0でもできる
Webマーケティング、
ネットビジネスの知識を発信しています。

無料相談承ってます!
登録はこちら

↓    ↓    ↓

友だち追加

コメント